2018年7月24日火曜日

新版画展 美しき日本の風景 


川瀬巴水・吉田博の作品が多い
京都駅ビルの美術館「えき」にて開催されている新版画展「美しき日本の風景」を見てきた。「新版画」という木版画のジャンルがある。江戸時代、浮世絵が出来て、木版による大量印刷が可能となり、庶民の間で絵画が楽しまれるようになった。額に入れて飾るような絵ではなく、どんどん新しい版画が出版され、庶民が買って楽しめるような値段で広まった。世界的に見ても庶民が競うように新しい版画(浮世絵)を購入して流行らせたのは稀有なことではないかと思われる。だから、陶器や漆器を海外に輸出する時、詰め物として使われたのが古い浮世絵だった。
左 広重 右 ゴッホ

左 広重  右 ゴッホ
特にヨーロッパで、この詰め物に使われた古い反故のような浮世絵が注目され、日本ブームが起きた。ゴッホなどは日本をまるで美術の理想国のように誤解し、日本に憧れて作品に影響を及ぼしたりした。おかげで浮世絵は日本絵画を代表する芸術として、日本よりむしろ海外で高く評価され、蒐集されてきた。
川瀬巴水 増上寺
川瀬巴水は雪、雨、夜景などをよく描いている
しかし、20世紀初頭には、江戸末期に盛り上がりを見せた浮世絵(伝統的版画)はほとんど衰退。大正期に入り、版元渡辺庄二郎は浮世絵版画の良さを活かして、絵師、彫師、摺り師による伝統的分業体制を再編成、新しい木版画づくりを目指した。その結果、「新版画」として新しい浮世絵がつぎつぎと出版されるようになった。
川瀬巴水 奈良春日大社

川瀬巴水 井の頭池
 浮世絵伝統の技術が今日まだ残っているのは、版元渡辺庄二郎の浮世絵再興の努力と新たな芸術創造のおかげだ。浮世絵の風景画は葛飾北斎、歌川広重などによって大成されたが、これが新版画では、新しいスタイルで表現され、魅力がある。
吉田博 日本アルプス
登山が好きで山の絵が多い
その中心は川瀬巴水(1883-1957)や、吉田博(1876-1950)らで、共に新版画の確立に努力した。
吉田博 瀬戸内海風景
明るく透明感のある作品が多い
江戸時代と同じような場所を浮世絵と新版画で描いた。
渡辺庄二郎の版画店は、(株)渡辺木版美術画舗として現在は銀座に店がある。東京に行くときは私の銀座オフィスのすぐ近くだったので、よく覗いていた。版画なので、値段も手の届く範囲のものも多く、美しい版画を見るのが楽しみだった。

2018年7月4日水曜日

木造の大仏 長谷寺十一面観音像

花の御寺 長谷寺
長谷寺は何度も訪れている。牡丹の名所として名高く、399段ある登廊を上って本堂に到着すると、そこは、京都清水寺と同じく懸け作りの舞台になっており、景色が素晴らしい。
京都清水寺のような懸けづくりの舞台がある
そこからの景色が素晴らしい

ここの牡丹は中国・唐から献上され根付いたと言われる「東洋一 長谷の牡丹」である。牡丹の他にも季節毎にいろいろな花を楽しめるので、一年中参拝客が多い。今回は牡丹はなく、紫陽花が咲いていた。本堂は大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に建つ。『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場してくる。中でも『源氏物語』第22帖にある玉鬘の巻のエピソード(和歌)中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。
源氏物語 玉鬘の和歌にある
二本の杉

玉鬘は夕顔の娘の話で、長谷寺参詣の途上で偶然にも夕顔の侍女だった右近に再会、その紹介で源氏の邸宅・六条院に養女として引き取られる事となる。田舎での生い立ちながら母よりも聡明で美しく、出処進退や人への対応の見事なことよと源氏を感心させた話が出てくる。

木造十一面観音立像(本尊)が長谷寺の本尊である。神亀年間(720年代)、近隣の初瀬川に流れ着いた巨大な神木が祟りを呼び、恐怖した村人の懇願を受けて開祖徳道が祟りの根源である神木を観音菩薩像に作り、これを近くの初瀬山に祀ったという長谷寺開山の伝承がある。何らかのいわれのある木材を用いて刻まれたものだろう。現在の本尊像は天文7年(1538)の再興。仏像彫刻衰退期の室町時代の作品で、10メートルを超える巨像であり、国宝・重要文化財指定の木造彫刻では日本一の木造大仏とされる。
長谷寺縁起 神木を引いて仏像を作る
通常の十一面観音像と異なり、右手には数珠とともに、地蔵菩薩の持つような錫杖を持ち、方形の磐石の上に立つ姿である(左手には通常の十一面観音像と同じく水瓶を持つ)。これは地蔵菩薩と同じく、自ら人間界に下りて衆生を救済して行脚する姿を表したものとされ、他の宗派(真言宗他派も含む)には見られない独特の形式である。この種の錫杖を持った十一面観音を「長谷寺式十一面観音(長谷型観音)」と呼ぶ。
長谷寺式十一面観音像
右手に錫杖を持つ
十一面観音像は日本中に数多く作られ、次のような利益があると信じられた。

現世利益(十種勝利)
(病気にかからない)
(一切の如来に受け入れられる)
(金銀財宝や食物などに不自由しない)
(一切の怨敵から害を受けない)
(国王や王子が王宮で慰労してくれる)
(毒薬や虫の毒に当たらず、悪寒や発熱等の病状がひどく出ない。)
(一切の凶器によって害を受けない)
(溺死しない)
(焼死しない)
(不慮の事故で死なない)

来世利益(四種功徳)
(臨終の際に如来とまみえる)
(地獄・餓鬼・畜生に生まれ変わらない)
(早死にしない)
(今生のあとに極楽浄土に生まれ変わる)

こんなに利益が得られるのならと大流行した。化仏は阿弥陀如来である。多くの十一面観音像を見て、錫杖を持っていたら長谷寺式で、殆どは真言宗豊山派に祀られている。

近くに古いお寺が多く
飛鳥時代の中心地である


2018年6月28日木曜日

ディベートでもAIが人間に勝つのか?



IBMシステムが1997年にチェスのチャンピオンを負かしてから、人工知能は急速に人間を上回り始めて、その勢いは指数級数的なスピードで進歩している。
Googleのアルファ碁、ポナンザ将棋、Googleアフファ碁Zeroによるあらゆるゲーム、IBMワトソンによるクイズ番組ジョパディでの勝利など、ルールのあるゲームではもう人間はAIに勝てない。さらに驚くことに、今回IBM Project Debator が人間とのディベートでも対等かそれ以上の結果を出し始めた。

ディベートとは、その場で与えられたテーマについて肯定側と否定側に分かれて討論し、観客にどちらの主張に説得力があったかを判断させる競技。IBM Debaterは2人のプロのディベーターと競い、1人を大差で負かした。まず、イスラエルの2016年度のディベートチャンピオン、ノア・オバディア氏と「政府支援の宇宙探査を実施すべきか否か」というテーマでディベートした。Debaterは肯定側、オバディア氏が否定側になり、それぞれ4分ずつの主張の後、互いに反論した。その結果、大多数の聴衆がDebaterの主張を支持した。
ノア・オバディア氏との動画Debateはこちらから

イスラエル国内でディベートのチャンピオンであるオヴァディア氏は、コンピュータの言葉の流暢さと、文章を構築する能力に感銘を受けたと語った。彼女はコンピュータが「私の議論の要点をきちんとつかみ」返答することができていたと言った。予想通り、機械は数値など、詳細にわたって議論の裏付けとなる証拠を引用することに人間よりも長けている。また議論の中で最も重要で、注目を集める勘所を理解し、自分がコンピュータであることを皮肉るようなジョークを交えることさえできた。

ダン・ザフリル氏
もう1人のプロのディベーター、ダン・ザフリル氏とは「遠隔医療の利用を増やすべきか否か」で討論したがどうやら、引き分けになったようだ。

IBM Debaterの公式サイトはこちらから
いずれのテーマについても、IBM Debaterも人間も事前には知らされていないし、IBM Debaterは学習もさせられていない。与えられたテーマについてまとめるだけでなく、その場で人間が主張したことに反ばくし、聴衆を説得するだけの論理的な説明が可能ということだ。

システムはまだ完璧でなく、研究者たちは、機械には思慮深さが足りないと述べた。時々ジョークが正確ではなかった。また、ドイツの新聞やアラブの族長についてなど、いくつかの引用が適切ではなかった。
海外ではディベートは子供の頃から訓練し、教育の重要な一部となっている、昔、ケネディとニクソンがTVで公開ディベートをやり、圧倒的にケネディがインパクトを国民に与えて、大統領になったのは有名なエピソードだ。
日本人はディベートの訓練も余り受けていないし、多分下手だろうと推測する、AIが日本語をサポートすれば、勝てっこないと思うが、逆に将棋ソフトのように、AIに学べば強くなるのではないか。

「表現力やオリジナリティのある言葉を選ぶのは、人間のほうが得意」とIBMのAIリサーチ分野の副社長ダリオ・ジル氏。「人間は、要点を彩るために個々の個人的な経験を用いることができる。機械は現実世界に生きていないし、活用できる生活も持たない」
AIとDebate
IBM Debaterは、IBMのリサーチチームが6年を費やして構築した。このチームはDebaterに、データドリブンの音声の記述と配信、長いセンテンスの話し言葉の中に隠された主張を識別する聞き取る能力、独自のナレッジグラフで人間の矛盾をモデリングし、基本的な議論を可能にする能力をもたせた。ディベートという競技は、これらの能力のテストに最適という。Project Debaterを商用化する計画は差し当たり無いようだが、ジル氏は弁護士などの職業につく人間にとって、この技術が将来意思決定の役に立つかもしれないと述べた。

米国の弁護士は訴訟に当たって、パラリーガル達に、過去の判例とその資料を準備するために時間とお金をかけていた。だが、今やその様な作業はAIが担当する、そのほうが早いし、安くなっている。いわば疲れを知らないロボットの役目だ。その収集した資料に基づいて、訴訟の戦略を立て、説得するのが弁護士の仕事になっている。
これからは、おそらく、ロボット技術と合体することで、弁護士の役割はAIに取って代わられるだろう。
IBM Debaterの動画はこちらから

2018年5月26日土曜日

京都和久傳の森と日本の三文殊

安野光雅の世界

日本海側にはあまり行かないが、京都府久美浜町に京都の料亭「和久傳」が「森の中の家 安野光雅館」を造ったので、ドライブがてら見物に出かけた。車で遠出をしないので、高速道路に疎く、大阪府の大山崎インターから京都縦貫自動車道に入れば2時間で天橋立まで行くことや、山陽自動車道神戸三田から若狭自動車道でも同じく2時間位なのも知らなかった。ウィークデイだったせいか車も空いていて楽なドライブを楽しんだ。
京都府久美浜町
森の中の家 安野光雅館
和久傳は有名な京都の料亭だが、もとは丹後峰山町で旅館を営んでいた。丹後ちりめんの衰退により、京都に出て、料亭「高台寺和久傳」を始めた。手の混んだ料理が売りの京都風懐石料理に対して、日本海に揚がった魚や、山で採れた旬の食材を用い、季節の素材の味を活かした「野趣と文化」という味を生み出して、成功した。
その和久傳が故郷に、地域の植物をあつめて和久傳の森を作り、その中に当主が好きな安野光雅の絵を中心とした「森の中の家 安野光雅館」や、レストラン、お持たせの食品などを展示販売する施設を作った。美術館は安藤忠雄の設計でモダンだが、森に調和している。
安藤忠雄設計の美術館
落ち着いた環境でさすがにレストランで出されるランチは美味しい、そして値段もリーズナブル。京都紫野の和久傳で販売している蓮根餅や和菓子もここで出されるし、お持たせも可能だ。丹後の新名所として客を集めているようで、駐車場も広い。
今回の安野光雅の展示は、野草である。安野光雅が美智子妃殿下の本の挿絵を書いた縁で皇居に残る自然の野草をスケッチすることを許され、それらの絵が中心だ。素朴ながら細部まで書き込まれていてほのぼのとする画風が好ましい。

京都丹後と言えば、天橋立や伊根の舟屋が有名、天橋立の根元にある智恩寺の参道にある旅館に泊まった。その智恩寺の御本尊は文殊菩薩と聞き、お参りに行ったら、秘仏で正月三が日と十日えびすと7月24日の出船まつりのみの御開帳だと言う。
住職と話していたら、このお寺は日本3文殊霊場の一つだそうだ。
3文殊は次の通り
 京都府宮津市字文殊 通称 切戸の文殊 天橋山 智恩寺
 奈良県桜井市安倍  通称 大和安倍の文殊 安倍山 文殊院
 山形県東置賜郡高畠町亀岡 通称 羽前亀岡の文殊 松高山 大聖寺
山形県の文殊は知らない、どうやら3文殊は地方によって少しずつ違うらしい。
京都では
 金戒光明寺の黒谷文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
安倍の文殊菩薩
快慶作
中国地方では
 山口・周防大島町の岩屋文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
大分では
 大分・国東町の文殊仙寺の文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
まだ他に関東地方の文殊を入れた組み合わせがあるようだが、天橋立切戸文殊と大和の安倍文殊は変わらないようだ。

大和の安倍文殊しか見たことがないが、他の文殊は、あの快慶作の名作にはかなわないのではないか。 

安野光雅
こぶし

2018年5月12日土曜日

日本で一番大きな塑像仏 岡寺

岡寺
連休が明けて五月晴れの一日、奈良・岡寺に出かけた、5月末まで御本尊の秘仏如意輪観音坐像が特別開帳されている。境内はシャクナゲが満開でとてもきれい。
岡寺は奈良明日香村にあり、岡山の中腹にあるので、岡寺と親しみを込めて呼ばれている。正式には「龍蓋寺」(りゅうがいじ)と言い、西国33所観音霊場の第7番札所だ。
龍蓋寺のいわれは、創建の義淵僧正がこの地を荒らし回っていた悪龍を法力によって、境内の池に封じ込め大石で蓋をした。本堂前に龍蓋池が今も残っているが、想像していたより小さな池で蓋石も小さい。
現存する日本最大の塑像 日本3大仏の一つ
ご本尊・如意輪観音坐像
三井寺 如意輪観音像
六臂・片膝立ち
この如意輪観音坐像は、奈良時代に作られ如意輪観音の最も古い造形として重要視されている。二臂の姿は大変珍しいが、本来はこちらがオリジナルだ。一般的に目にする如意輪観音は、六臂・片膝立てた思惟形、衣に沢山のアクセサリーを付け、六臂の手の2本に名前の由来である如意宝珠と法輪を持つ。これは、平安時代以降、密教の流入によって流布した姿だとされている。岡寺の方は、土で作られた塑像、色は白っぽく、ずっしりとした質感が伝わってくる。塑像なのに高さ4.85メートルもある、近年の台座部調査で、最初は左足を踏み下げて座る半跏像ではあったのではないかと推測されている。

ちなみに日本3大仏とは、次の通り。
”銅像”の東大寺 毘盧遮那仏(奈良の大仏)
”木像”の長谷寺御本尊 十一面観世音菩薩
”塑像”の岡寺御本尊 如意輪観音菩薩

如意輪観音像には立像はなく、すべて坐像あるいは半跏像である、私が訪れた日は、連休明けのウィークデイだったせいか、参拝者もまばらで、間近に堪能するまで仏像を拝観することができた。ほとんど手が届くほど、近づいてその巨大さに驚いた。

傍で見るとその巨大さがよく分かる
土作りの仏像は作例がとても少ない、日本は多湿のため塑像は崩壊しやすい、水気が禁物だ。水に濡れるとすぐ崩れる。唐から奈良時代前期に伝えられ、奈良時代後期に多く造られた。心木に藁縄などを巻きつけ、粒子の荒い荒土から、細かい仕上げ土へと順次盛り上げ、箆(へら)や指で造型する。塑像の仏像は奈良時代に集中している。

主な作例は、奈良・當麻寺:弥勒菩薩像、奈良・法隆寺:五重塔初層安置塑像群(塔本四面具)、中門金剛力士像、食堂四天王立像、奈良・新薬師寺:十二神将像、奈良・東大寺法華堂 執金剛神立像、日光菩薩像、月光菩薩立像、弁天、吉祥天立像、東大寺戒壇院四天王立像 などが有名である。これらの像の殆どが国宝指定されている。
平安時代になるとほとんど造られなくなり、京都広隆寺の弥勒菩薩坐像と、法隆寺夢殿の道詮律師坐像くらいだ。
5月はシャクナゲがきれいだ。




2018年4月30日月曜日

人類はロボットを目指す


大阪大学石黒教授と自身のアンドロイド
大阪大学、石黒浩教授は、ロボット工学者で、英国のコンサルタント会社が選んだ「世界の生きている天才100人」にて日本人最高の26位に選出されている。TV番組にも時々、彼自身の気味が悪いロボットが出演している。桂米朝のアンドロイド、夏目漱石のアンドロイド、マツコアンドロイドなど次々に作ってその都度話題になっている。彼の作るアンドロイドも面白いが、研究の目的と、そこに至る論理がとても興味深いので、紹介したい。

石黒教授は海外講演の依頼に、自分のアンドロイドロボットを派遣する、本人が出向くより、最近ではロボットの方が人気があり講演要望が多い。本人が行って講演するのは別に珍しいことではないが、ロボットが講演するのは珍しいし、興味を持たれる。講演をロボットが行うのはこの時代難しいことではないが、質疑応答は本人でないと答えられない。
夏目漱石ロボット
しかしインターネットで質問に答えることで、殆どタイムラグなく返事が出来る。大学にこのアンドロイドに給料を支払うべきだと言ったら、生身の人間でないと給料は支給できないと言われた。生身の人間でないと仕事は受けられないのか。例えば、義足だったら人間では無いのか、臓器の一部が人工物だったら人間ではないのか。パラリンピックの選手を見れば分かるように、義足をつけた選手のほうが、むしろ健常者よりはるかに運動能力がある訳で、彼らをアンドロイドと言う人は居ない。先日亡くなった世界的物理学者ホーキンス博士は、進行性筋ジストロフィーのため、身体のほとんどが麻痺し車椅子、コンピュータによって移動・コミュニケーションしていた。彼は世界中誰でも無条件で100%人間と認める。そうすると生身の人間とはどう言うことを指すのか。本人のアイデンティティは何かと言うことになる。人間の存在とは何なのか。


原始生命体が偶然、生まれて36億年、現代人類が存在する。原始生命体から今日の人類に進化させたのは遺伝子である。しかし、人類は技術を開発し、技術利用によって人類を進化させて来た。技術による進化は遺伝子による進化よりはるかに早く、人間の活動は今やほぼ全てが技術に支えられている。
生命体の発生から今日までを見ると人類だけが技術利用に
より、有機物の生体をどんどん無機物に替えてきた歴史がある
人間とは技術を開発し利用する動物である。有機体生命である人間は、技術によって、無機物を利用し、自分の機能をどんどん無機物に取り替え続けて来た。身につける衣服、住居、あらゆる活動を支える道具類など。特に二百年ほど前の蒸気機関による筋力の拡張は人類の社会生活を根本的に変革し、産業革命を生んだ。電気の利用、コンピュータの発明による知的活動の拡張によって人類は、大脳機能をほぼ無限に拡大して来た。やがてインターネットの出現で秒速のコミュニケーション手段を得、世界がつながる。インターネット以前(BI:Before Internet)では技術進歩は比例的速度であり、自然の営みは殆どその法則にしたがって来た。例えば、獲物である動物が走って逃げる、それを待ち受けて捉えるためには、どのくらい先で待ち伏せるべきなのか、人間でなくとも動物は計算して待ち受けていた。比例計算である。

インターネット以降(AI:After Internet)の技術進歩は、過去のどんな時代にも経験したことのない指数級数的なスピードで発展している。半導体の進歩は、18ヶ月で能力2倍、コスト半分になる進化をずっと続けている。
美少女アンドロイド
このままの傾向が続けば2045年には、1つのチップ上に、一人分の大脳、1000億のシナプスと200億の脳細胞の合計1200億の細胞に 全人類70億人を積算した容量を実現できると言われている。これがシンギュラリティである。有機体である生物の追従できる速度を遥かに超える。無機物を技術で進化させて利用して来た人類はこの先、どこへ行こうとしているのか。

人類は有機体であるタンパク質で出来ている、生命科学では、タンパク質は120年で寿命が尽きるとされている。この限られた寿命のために生物は遺伝子によって、次世代に生命を伝えてきた。複雑な分子構造を持つ有機物生命体は環境適応性が高いが、一方、その複雑な構造は壊れやすく、環境変動に追従できないと消滅してしまう。過去200年来の技術進化のスピードを見ると、人類はさらなる進化を有機体から無機物に置き換えることで生き延びようとしているように見える。人類の歴史は肉体の制約から解放されようとして常に技術開発を続け、無機物によって肉体を代替発展させてきた。1000年先を考えた時、例えば、宇宙空間の異変に有機体である人類は耐えられるのか、甚だ疑わしい。

人間であることはどう言うことなのか、体のいろんな機能を無機物に代替させる事が現代医学の進歩だとすると、どこまで無機物に置き換わったら人間ではなくなるのか。
生身の人間だけでは月には行けない、技術を道具として使うことで人間は月にも、宇宙にも行ける。技術とは人間の能力を置き換えるものであり、拡張するものである。人は、心肺機能を機械に置き換えても、脳が生きていれば、人間と呼ぶだろう。人のアイデンティティとは、結局大脳であるらしい。脳をコンピュータで置き換える技術はまだ無いが、現在進行中の人工知能がシンギュラリティにより、ブレインアップローディング(脳活動をコンピュータに移植する)ことが出来れば、人のアイデンティティをもったロボットが出来るだろう。

2018年4月9日月曜日

Fiji: Third visit after 8 years of absence

Fiji Airport with bright sunshine
I am back now.
Lots of fish welcome us
Last March, we visited the dream island Fiji which was the third visit for the first time in 8 years. The shining sunshine, the blue sky, the ocean everywhere, the beauty that has not changed anything eight years ago. In comparison, our old divers are surely getting 8 years old. Especially I felt uneasy since this is the first diving after getting whole stomach removal surgery. At the moment to consult my surgeon if I can dive with this condition after 6 months of the
Beer at the pool bar how nice to heel
surgery, he amazed and speechless for a while, but finally gave me OK to go.
Every morning our boat leaves at 8 o'clock we dive twice in the morning, sometimes one additional in the afternoon, we get back to the hotel around 3 o'clock. A schedule like a  training camp of a sports club, it is not easy but fun, since when reached the hotel, we dive a swimming pool where they open pool bar, Fiji beer is the right way to heel thirst. At night stars enough to fill the sky which we almost forget to view while we are in Japan recently.
What a color of the sea
Stars filled the whole sky
Various people come to this hotel from LA, they have a direct flight, from Singapore also flying directly, from Korea etc. Visitors our next door is  Singaporean they come to big fishing, every morning they leave the hotel very early, and come back with several big tuna fishes. It was served at our table as a very fresh Sashimi and tuna steak, they are of course so good.This feast lasted three days until they left, instead, we bought a beer for them, it was a good deal and a good friendship.
Local primary school, clean and at the nice location
The last day on the island, we don't dive because of considering the influence of the body due to the change in atmospheric pressure from air flight, it was planned to visit a local primary school. How nice to chat to those pupils whose eyes were sparkling, they are smart, friendly, and never scared to talk to Arian.
Talking to pupils
I happen to find a computer room and have a chance to talk a guy handling PC, he showed a vigorous ambition to a higher knowledge of the whole IT products.He had a lot of questions about IT, but we could not share much time with him, we exchanged our mail address saying to communicate each other in future.
If possible, I want to help them to improve their IT environment.

they are listening to my talk
they are smart
Beautiful underwater world