Wednesday, June 25, 2008

あなたはiPhoneを買いますか ?

7月11日に日本でもソフトバンクからiPhoneが販売される。 果たして成功するのか非常に興味のあるところだ。
もし成功すれば、日本の携帯電話ビジネスを根本的に揺るがす事態が起きるかもしれないからだ。


日本の携帯電話ビジネスは、NTTドコモ、AU、ソフトバンク、ウェルコムなどが寡占状態で、電話機はそれぞれの通信会社で購入する仕組みになっている。


携帯電話ビジネスをもう少し細かく見ると、1.通信業者(NTT,AU、SoftBank,など)  2.電話機器メーカー(NEC,富士通、ソニー、松下、シャープなど)  3.ソフトウェア開発(ソフト会社)  4.コンテンツサービス(サービス提供会社) の4グループがビジネスのプレイヤーだ。



この4分野の商売はすべて通信業者が管理下に置いて、主導権を握ってきた。 彼らは日本国内でのシェアー争いのみに集中してきたし今もそのモデルは変わっていない。


一方、アップル社のiPhoneはどうか、電話機(iPhone)は、自社開発、基本ソフトは自社製プラスオープン仕様として、世界中の知恵を期待、コンテンツは有名なiTuneで音楽や、動画を販売、さらにゲームなどのソフト開発を外部サービスに託すために、開発用インターフェースを開示した。


これは、ゲームソフトに強い日本などの開発者がiPhone向けに売れるソフトを作成し、売り込むことを可能にしたと言うことだ。 全世界ですでに1000万を超えるiPhoneユーザーのいるマーケットが開かれたことになる。 


iPhoneの世界にむけての販売(今までは米国内のみ)が発表された時の、日本の受け止め方は、通信会社、メーカーともに、日本ではせいぜい1桁のシェアーしか取れないだろうとの予測をしていた。


理由は、日本の携帯電話にある先進的なサービス、お財布携帯機能、ワンセグTV機能がiPhoneには無いことからだ。 でも、どのくらいの人達がこのような機能を使っているのだろうか ?
むしろ、iPodで爆発的に広まったデジタル音楽機能が、レベルアップして、iPhoneについていることのほうが、若者にとっての魅力になるに違いない。
私も、iPodが日本で爆発的に売れたのに背を向けて、元祖ウォークマンのソニー製HD内臓デジタルウォークマンを購入、しばらく使っていたが、使い勝手の悪さとすぐ壊れるので、今は使っていない。
iPodに慣れた人達が、電話機能がiPodに付いたという感覚で、使うことのほうがより自然な予測と言えないか、それに値段も安いし。

私にとっては、iPhoneは無線LANもあり、ノートパソコンを持ち歩かなくとも、ほとんどのインターネット関連情報へのアクセスが自在に出来ることが、とても大きな魅力のように思える。 

さらに、3Gなので、海外での使用も問題がないようだし・・・・


気がかりは、グーグルの動きだ。  グーグルは携帯電話の新しい開発プラットフォーム「アンドロイド」を開発している。 これまでは携帯キャリアごとに携帯電話機の設計が異なるため、開発したアプリなどを別のキャリアーの携帯で使えず、開発コストが上がる要因となっていた。 オープンなアンドロイド規格で開発をすれば、別のキャリアの携帯でも使え、機能も組み合わせて利用できる。 開発コストを削減でき、しかも端末ごとの特徴もだしやすくなる。

グーグルの携帯電話が日本での現実になるのはしばらく時間がかかるかも知れないが、目が離せない。







1 comment:

lotto results said...

The nice thing with this blog is, its very awsome when it comes to there topic.