Thursday, November 5, 2009

Father's amazing love 父の愛

先日、90歳の女性に聞いた話。

 まだ若い頃、彼女には筋ジストロフィーの子供がいて、小学校に入った頃から発症し車椅子での生活になった。
本人は学校が好きだったので、毎日この母親は、車椅子を押して、一緒に登校した。
筋ジストロフィーは遺伝子に欠陥があり、主に男子に発症する。人口10万人当たり3-4人の発症率と言われている、残念ながら難病指定されており、根本治療法はまだない。
脊髄の運動神経細胞の数が進行的に減少するので、全身の筋力低下と筋萎縮が進行性に悪化し、最終的には死に至る病気だ。

彼女はそんな息子を特に可愛がり、出来る限り学校で一緒に過ごし、まさに子供の杖代わり、足代わりを卒業まで続けた。
卒業式の日、息子は卒業証書と、皆勤賞をもらった、彼女は息子の代わりに壇上に上がり、その賞状を受け取った。 席に戻って賞状を喜ぶ息子に手渡していたら、校長先生から、彼女の名前が呼ばれた。
びっ くりして立ち上がったら、校長先生に手招きされ、再度壇上へ上がり、表彰状が読み上げられた。それは雨の日も風の日も一日も休まず、車椅子通学を続けて皆 勤賞をとったことを賞し、その努力を称える彼女への努力賞の表彰であった。 思いもよらぬことで壇上で涙がこぼれた。
彼女は言う、「だって親だもの当たり前のことじゃない。 でもとても嬉しかった、逆縁で息子は先に逝ってしまったけれど、こんな歳になるまで、あんないい思い出を残してくれたんだから」

これは母の愛だが、以下の動画はYouTubeに上げられた父の愛の物語だ。

動画はこちらから

私にはとてもやれないことだ。

No comments: