Tuesday, June 1, 2010

IPAD

日本でIPADの出荷が始まった。
私は、ソフトの安定状況を見て、バージョンが上がった頃に購入を検討するつもりだ。 私はアップルのiPodから始まった一連の製品戦略に乗って買い続けてきたのだが、その理由を考えてみると、次のようになる。
1)。使用者(消費者)を魅惑する斬新なハードウェア・デザイン。 iPhoneと同じような機能をもつスマートフォンは他にもあるが、触れる度にそのセクシーさを実感できるガジェットは無い。
2)。搭載するソフトウェアの面白さ。 世界中の開発者から寄せられる膨大な数の目新しいソフトが面白い。
3)。アップル社のソフト開発ならびに徹底した使い勝手の追求。 めったにバグはなく直感で使える。マニュアルを読まないと使えないのでは、一般消費者には普及しない。
iPadはその集大成のように思える。ヨドバシカメラでデモ用のiPadには長い行列が出来ていた。間違いなく売れるだろう。

しかし、ちょっと冷静に考えてみる。
マイクロソフト社の時価総額がついにアップル社に抜かれた。 アップルが一時期、マイクロソフト社の援助を求めたことなど嘘のようだ。マイクロソフト社は家庭の個人から企業利用まで、1台ごとにWindowsソフト、オフィスソフトを販売して、ソフトを個々に所有させることでビジネスを伸ばし、ひいてはユーザーの囲い込みに成功してきた。
しかし、世の中の趨勢はクラウドに移行しつつあり、マイクロソフト社はその流れにどのように対処するのか、企業存亡の局面にある。
メールソフトにせよ、オフィスシステムにせよ、所有から使用への転換がいつの間にか、浸透している。 ユーザーは既に、使ってみてその便利さに気がついてしまった。
所有しないことの便利さは使ってみないと分からない。プレイステーションのようなゲーム機から、普通のパソコン、携帯電話まで、個人が持つ端末を選ばず、どこからでも処理ができ、データを得られ、検索ができる。
クラウドとわざわざ言わなくとも、もうこのサービスに浸かってしまって、そこから離れられない。

アップルの戦略は、セクシーなガジェットを個人に所有させて、その上に音楽を溜め込ませ、あるいは写真をダウンロードさせ、今回、iPadでは本を購入させる。 あくまで所有にこだわって、iPadから離れられないようにする。
iPadやiPhoneでなければ音楽も、本も楽しむことができない囲い込み戦略と言える。 マイクロソフトの戦略と重なる。

私のiPhoneには大分整理して、それでも1000曲を超える音楽が入っている。しかし、これはアップル独自のファイリングソフト、ituneでなければ聞くことができない。安いデジタルミュージック機器では聞くことができないのだ。
世の中では、Lalaのようにクラウドで音楽配信をして、1曲わずか10円程度で聞く権利を入手できるサービスも、既にビジネスとして成り立っている。
本だって、googleやグーテンベルクプロジェクトで、著作権の切れた本が無料で配信されている。
ソフトウェアーサービスも、クラウドが主流になりつつある。 このような情報処理の流れから行くと、アップルの戦略には大分違和感を感ずる。

そのうち、iPhoneに対抗して、アンドロイドをOSとした、スマートフォンもどんどん出てくるし、iPadに対抗するクラウド・ガジェットも出てくるだろうから、その競争の中でもっともっと、ぞくぞくするような機器が出るに違いない。
とても楽しみだが、それまでの間、iPadを買わないでじっと見ているのは至難のことだろう。

1 comment:

Hiro said...

アップル社はクラウド対応になっていないと、書いたがどうやらItuneがクラウド対応をするらしいと言う、記事を見つけた。
その場合でも、端末はiPadかiPhoneでないといけないらしい。
iTuneがクラウド化すると、母艦として必要だったMacやWinPCが不要となる。即ち、アップルはPCが売れなくなることも想定した戦略だ、これはすごい。