Monday, February 14, 2011

エバーノートのすすめ


年を取ると、今 目にしていた情報を次の瞬間にはもう忘れている事が増えてきた。 
ネットや本を読んでいて、「あっそうか!」と思ったことや、街角で思いも寄らない光景を見たことなど、誰でも一度は経験することではなかろうか。あとでそれを思い出そうとしても記憶の引き出しから取り出せないたことも多いのではないか。
残りの人生が少なくなってきたら、一日一日の出来事や、即 過ぎ去ってゆく一瞬一瞬を大切にしたいと思う。
ところが、一方では記憶力は落ちるばかりで、思い出すのに時間がかかり、いらいらする。
数年前、短期記憶障害者の映画で、記憶が出来ないため、目にしたこと、話したことなどをすべてメモにしておくと言うシーンがあった。
父が晩年認知症になって、若い頃の記憶は鮮明なのに、昨日のこと、今朝のことなど全く覚えていないことにびっくりした。
記憶に残らないことは無かった事になるようで、不思議な感覚だった。
同様な考えの人が世界には居るらしくて、「ライフログ」と言うコンセプトが最近流行りだ。
ライフログとは、「人間の生活・行い・体験(Life)を映像・音声・位置情報などのデジタルデータとして記録する技術、あるいは記録自体のこと」とWikipediaでは定義している。
このような記録を読み返せば、大げさに言えば、その人の人生を辿ることが出来るのだ。

ソフトウィア「エバーノート」を知ってますか ?
無料のソフトで、PC、iPhone,iPadで使える。
ネットの記事そのものを切り取って記録、ネットのURLを記録、写真、音声、スキャンデータ、PDFファイル等なんでも簡単に一手間で記録。記録の単位をノートと呼び、各々のノートにタグをつけて、ノート単位、タグ単位でファイルができ、検索もできる。
URLは文字通りワンクリック、写真はiPhoneで撮ったショットがネットが繋がっていれば即クラウド上に上がる。自炊で使っているScanSnapのスキャナーで読み取ったデータも即エバーノートに送られる。
勿論、記録はデバイスに入れるのではなく、クラウド上に置く。だから記録する場所、取り出す場所、デバイスを問わないで使える。
私はグーグルクロームにエバーノートタブを設け、タブキィをクリックするだけで、データを記録出来るようにしてある。
収集したノートとタグは次のような形で整理している。


notebook        tag

IT              DVD
                Dropbox
                Evernote
                Google
                ipad/iphone
                Software
                クラウド
                System          
                電子書籍

ボランティア   介護
                延命治療
                Health
                免疫、バイオ
                フォスター

ライフスタイル Life
                レストラン
                Diving/新現役ネット
                Essay
                ショッピング
                トラベル
                読書
                ウイシュリスト
                Music
                写真
                動画/映画/TV番組
                News
                政治/経済
                仏像/寺院
                言語/文化/生活サービス
                サイエンス

契約書/ID/メモ


写真やネット記事などを整理して取り込むなんて面倒くさくてと思われるかも知れないが、取り込むときは気になった情報を無条件でサクっと記録する。大事なのは情報であって、それが役に立つかどうかは意識しないで、とにかく貯めこむことが大事。
あとで、見直したり、あれは、取り込んだはずと思ったときに検索できればよい。
まだライフログと言うには程遠い内容だが、徐々に範囲が広がっていくだろうと期待している。

エバーノートそのものの説明は次のURLで入手できる、興味のある方はご覧ください。


エバーノートに取り込んだ動画でこんなのがあります、感動的なスピーチなので、紹介します。


No comments: