Wednesday, November 2, 2011

最近のクラウド・ストレージ

クラウド上のストレージについては、以前まとめて紹介した。
現在、使用中のクラウドストレージは、DropBox, Evernote, Adrive, Skydrive,の4種類だ。
Googleはすべてがクラウド上にあるので、特にクラウド・ストレージと意識はしない。MSオフィスも使っているが、Dropboxと自動同期を取るようにしているので、MSオフィスで作成した資料は、感覚的にはクラウド上にあると思っている


一番頻繁に使っているのはDropBoxとEvernote、毎日必ずアクセスしている。DropBoxはWindowsの殆どのファイルと自動的に同期が取られるので、普通の操作をしているだけで、グーグルと同様まったく、ネット上のファイルと言う自覚がない。

Evernote上にも沢山のノートが溜まっているが、きちんと整理しないでどんどんデータを溜め込んでいる。
時々、あのデーターを取り込んだはず、となるとすぐEvernoteを探す。
検索能力も優れているので助かる。毎日遭遇する新しいデーター、情報、写真、意見、統計など発見し次第ポチッとクリックして、入れておく。
これこそライフログの根幹を成すソフトだ。
日本はアメリカについで、このEvernoteのビッグユーザーだ、日本人の感触に合っているのかも知れない。
日本におけるEvernoteがどれくらいなのか、分り易い図がある、こちらからどうぞ。

今年になって、次々と新しいクラウドストレージがサービスインしてきた。
Dropboxの独壇場だったリアルタイムのファイルアップデート可能なクラウドとして、Sugarsyncが出てきた。
後発だから、Dropboxが2GBまで無料なのに対して、5GBまで無料で対抗している。
私は既にDropboxの50GBを年間99ドルで契約してしまったので、50GBがパンクするまでは乗り換えるつもりはない。
ちなみに現在50GB中、18.3GB(36.1%)を使用している。一番多いのが電子書籍(自炊したもの)でほぼ10GBを占めている。
ネット上のSugarsyncに対する評判も悪くないようだ。

単なるクラウド上のストレージの世界では、今までならAdriveが無料50GBと最大を誇っていた。最近、Box.netが参入してきて50GBを無料で提供し始めた。
ただし、これは12月中までにインストールすることと、iPhoneかiPadにもこのソフトをインストールすることが条件である。
Box.netの情報はこちら
一応、私はインストールだけは済ませたが、使い勝手は単なるネット上にある外付けのストレージと言うだけのこと。Adriveと同じく使い勝手はよくない。
さらに、Yahooも参入してきて、ヤフープレミアムのユーザーなら 50GBまで使えるようになった。 使い勝手はBoxnet、Adriveと同じ。
Yahoo Boxの情報はこちらから


いろいろなクラウド・ストレージを使えるよう、ソフトを入れたが、ストレージが分散するのは、毎日の使用を考えると面倒。
しかし、バックアップ用途にすれば、危険が分散されるメリットもある。
たとえば、電子書籍のバックアップはBoxnet、写真のアーカイブはYahooBoxとか(少しの費用で大きく出来る)とか、今のところ、これと言う決定打はない。
基本はリアルタイム性を要求するものはDropboxかSugarsync
何でも貯めこんでおいてあとで検索に使うものは Evernote
外付けのHDDにバックアップしてあるものを、一定周期でクラウドにバックアップをとるものは、Adrive,Skydrive,Yahoobox,Boxnet、この4つのクラウドで175GBまで使える(YahooBoxはプレミアムユーザー前提)。

考えてみると、175GBも殆ど無料あるいは少しの費用で、ネット上に安心できるストレージを使えるのは、すごいことだと、つくづく思う。
パソコンに縛られない知的資産をネット上に誰でも、保持することができるのだ。 バックアップのためのHDDを完全になくせる時代が目前に来ているのかも知れない。






No comments: