Sunday, December 11, 2011

デジタル書籍の貸本屋


アマゾン社長 ジェフ・ベゾス
アマゾンがまた新しいサービスを発表した。
電子版貸本制度。
子供の頃、近所に貸本屋があって子供向けの本を有料で貸し出していた。買うほどの本ではないが面白そうなものは、借りていた。
安いコストで沢山の本が読めてとても良いサービスだと、今でも思っている。
近年、ブックオフが出来て古本と言うか、中古本を格安で購入出来る専門店ができて、読み捨て本はここから買う。特に、ばらしてPDFに自炊する本は極力ブックオフから手に入れるようにしている。切り刻んでも惜しくない。
日本の出版社、書籍流通業者、著作者のグループは、電子書籍化に消極的だ。理由は、コピーされて著作権を侵害されるからだという。ブックオフは購入された本を再度中古品として販売、購入する仕組み。同じ本をコピーはしないが何度でも流通させる訳で、電子書籍化では強烈な反対をする割に、こちらには反対の声を聞いたことがない。
紙に印刷されていればOKということか。

アマゾンの貸本制度は、日本のこのグループにとって頭痛の種になるだろう。
アマゾンの電子書籍リーダー(キンドル)を持つ人は年間79ドル(6500円程度)を支払ってプレミアム会員になれば、読み放題でアマゾンの電子書籍を読むことができる。何度でも読めるし、途中で読むのを止めても、また何時でもそこから読み始めることができる。
さらに、本を読んでいて気になるところにメモ(クラウド上に)をしておけば、何時でもメモを読み出すことが可能だ。

本の代金を支払って購入するのとどこが違うのか。
購入すると、アマゾンから自分のPCやiPadに、電子書籍をダウンロードして、自分のものにできる。
本を読むのは、ダウンロードできる機器なら何でも構わない、私の場合はデスクトップPC,iPhone,iPadの3種類の機器で、同じ本を読めるようにしてある。
しかも、家のデスクトップPCで読んだ頁はアマゾンのクラウド上に記録されるので、外出してiPadで本を読み始めても、家で読んだその頁から自動的に始まる。
今回のアマゾンの貸本制度は、読むことの出来る機器がアマゾン・キンドルに限られることだけの違いだ。 キンドルの読みやすさはこの動画で。
借りられる本は一度に1冊で、新しい本を借りるにはそれまで借りていた本を電子上で返却すればよい。
返却しても、再度借り出せば、前に記録したメモや栞はそのまま残っているので、読者から見れば、購入するのと殆ど変わりはない。

はたして、日本の出版社や流通業者はどのように対応するのか興味がある。


No comments: