Monday, July 30, 2012

DropBoxが倍の容量に



しばらくDropBoxの使用は控えていた。50GBを年間1万円で使っているのだが、気がつくと既に33GBを越えており、このままの調子で増え続けると年末には50GBを超えるのは確実。慌てて、電子書籍ファイルはDropBoxからBoxNetに移したり、写真は一切入れないとか、容量を増やさない努力をしてきた。 
これで何とか半分の16GB程度に抑えることができた。
しかし、DropBoxが良いのは、ローカルファイルを更新すると全自動でクラウド側も更新されることだ。 このレベルに達しているクラウドストレージはまだ少ない。(使ったことは無いがSugarSyncがそうだと言われている)
必然的に、しょっちゅう更新するファイルや、外からiPhone,iPadを使ってファイル更新をかける種類のものはDropBoxでないと不自由で仕方がない。

やはり100GBくらいは要るかなと思っていた。
突然DropBoxからメールが来てびっくり、知らない間に、サービス内容が改善され、年間1万円で100GBまで使えるようになっていた。
マイクロソフトのSkyDriveのように、今まで無料で25GBまで使えていたのを7GBにレベルダウンする例は他にもある。
SkyDrive
機能が改善されたので値上げしたとのことだが、相変わらず使い勝手はとても悪いし、パフォーマンスは、最悪。
そんな中にあって、DropBoxのサービス改善に驚くと共に感動さえ覚える。
機能的にはまだ他のサービスより頭ひとつ抜きん出ているが、他のサービスがどんどん機能アップしてくるので、今回の措置になったのだろう。これで、また暫くはDropBoxの優位が続く。

すべてのファイルをDropBoxに上げることが出来れば理想的、そうなれば使用するコンピュータに拘束されないで、情報処理が出来るようになるだろう。
ソフトウェアー・ベンダーも個々のコンピュータにソフトを販売するビジネスモデルから、個別コンピュータに依存しないクラウド型に、転換せざるを得なくなる。現在でもソフトをローカルにインストールしないでいきなりDropBoxを利用してクラウド化できるものが増えている。

典型的なクラウド・ストレージ・サービスの比較資料があるので参考までに紹介してくので御覧ください。
比較資料はこちらから


No comments: