Tuesday, November 25, 2014

ポスト印象派 ニューヨーク近代美術館


Bell 47D1 ヘリコプター

アメリカの美術館トッピクスは、今回のニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, NY)で終わる。
IBM NYビル
ニューヨークのミッドタウン、IBM・NYオフィスから目と鼻の先にあり、前を何度も通っていたが入ったことが無い。
今回、慌ただしい時間の中で見て回り、なんと勿体無いことをしていたのかと気付かされた。 こんなに楽しい美術館は他に無い、子供たちを連れてくれば一日中駆けまわっているだろうし、絵が好きな人(中世宗教画や印象派フリーク以外)なら大満足だろう。一般的な美術館収蔵品から、かけ離れた建築、商業デザイン、
楽しそうな勉強会
写真撮影も自由
ポスター、写真、映画まで何でもあるが、すべて選びぬかれ洗練されたものばかり、いわば大人のテーマパークみたいな印象だ。

MoMAの運営委員会には、経済界の強力なビジネスリーダーたちが携わっており、経済支援システムを盤石なものにしている。これは、単に寄附行為を指すのではなく、世界各国の美術関係者と人的ネットワークを構築・交流するプログラムを定期的に実施して、コレクション
アンディ・ウォホール
キャンベル・スープ
の貸出で報酬を得るビジネスモデルが機能しているのだ。にも関わらず一般入場料25ドルはニューヨークで一番高いと思う。(私は65歳以上料金18ドルだったが)

この美術館は、開館第1回展がポスト印象派展だったことからもわかる様に、セザンヌ、ゴーギャン
マグリット
、スーラ、ゴッホなど、印象派以降の絵画が中心。中世アカデミズム絵画を見ていた人達が、印象派の絵を見て新鮮さや、自由さに驚き、急速に受け入れた様に、印象派ばかり見ていた人たちにとって、衝撃のあるポスト印象派の絵画が熱狂的人気となった。印象派の綺麗さばかり見続けていると、もっと刺激が欲しくなる、ゴッホが、マチスが、ピカソが、そしてモンドリアンのような抽象がよくなってくる。
ルソー
まさに、この欲求を完全に満たしてくれるのがMoMAだ。ピカソ、ダリ、ルソー、マルグリット、ミロ、マティス、キリコ、カンデンスキー、ブラック、シャガール、クリムト、ムンク、ロートレック、ホッパー、ジャコメッティ、リキテンシュタイン、ウォホールなど。モダンアートの領域に入るときりがない。
絵画だけでも、すごいのに、工業製品デザインなどもあり、日本の携帯
モンドリアン
電話、IBMのノートパソコン、日本人設計の車いす、テクニクスのレコードプレーヤーなど、面白い物が多すぎて見るのに時間も体力も足りない。
さらに映画も、ディズニー映画、小津安二郎の映画、チャップリン映画などなど、好きなだけ見るには年単位の時間が要る。

美術館は本来、楽しく、わくわくするところ、ほっとするところ、そして、自分を忘れて呆然とするところである事を気づかせてくれる、それがMoMAだ。
レジェ
マティス




No comments: