Thursday, October 29, 2015

第67回正倉院展から



今年も秋の深まりと共に67回正倉院展が開催されている。まだ紅葉には早い一日、奈良公園を散策しながら奈良国立博物館を訪れた。
今年の目玉は紫檀の琵琶、裏側の装飾がまるでルイビトンの模様にそっくりで、女性観客は、ルイビトンよりかっこいいと言っていた。

ルイビトンのような
正倉院には20本を超える琵琶が所蔵されているそうだが、ほとんどが4弦、今回は出展さ れていないが、ただ1本5弦の琵琶があり世界中でここにしか存在しない。琵琶はペルシャ辺りが起源で、中国を経て8世紀くらいに伝わった。模様は、紫檀や象牙を薄く切り象嵌で花の文様を作っている。この手法を「木画(もくが)」と名付ける。表(弦が張られている側)には皮が張られており、風景の中に文人たちが日常を離れ、詩を嗜んでいる姿が描かれている。この皮は琵琶本体をバチが直接あたって痛めるのを防ぐ目的だが、大分使い込まれていて、皮の部分は傷んでいる。本当に使われていたのだ。

象牙を紅く染めた後、表面を彫って地肌を研ぎ出し模様を作る「撥鏤」技法でつくられた「象牙撥鏤尺」(象牙を染めたものさし)は、何度か過去の正倉院展でも出品され、常に人気がある逸品だ。
紅牙撥鏤尺
象牙は染料で染めても、中まで浸透しないので、彫った部分が白く残る。そこにまた異なった色をつけたりする。
ものさしだが実際に長さを測る目的ではなく、中国・唐では、毎年2月2日に宮中にものさしを献上する儀式があり、実用ではなく儀式用に造られたものである。象牙を染色するのは難しいようで、江戸、明治時代に撥鏤手法の再現を試みたところ染めた色がすぐ落ちて色あせしてしまい、1000年を超えて今日までこんな鮮やかな色彩を保つことができなかった。昭和に入って近代科学で分析した結果ようやく、その秘密を解明出来た。恐るべき古代人の智慧と技術である。

技術的観点から見ると、石造りの横笛が不思議だ。蛇紋岩を削りだして造られた珍しい管楽器だ。指でおさえる穴が7つある横笛はインドにその源流があり、中国には漢の時代に伝わったとされる。
彫石横笛
今回の展覧会には2本の石笛が出品され、会場にはこの2本の笛を演奏した音が流れていたが、綺麗な音色だ。笛全体に美しい彫りが施されている。しかし一本の石を見事にくり抜いて均等な筒に削る技とはどのようなものだったのか。研究者の間でも議論が定まっていないという。旋盤も無い時代にこれだけ見事な細工が出来るとは・・・

花氈(かせん)フエルトの敷物である。四隅から中央に向かって
フエルトの敷物
蔓が伸び大きな花が、上下左右対称に配されている。これは蓮華唐草文だ。
羊毛製の敷物で板の間に敷いていたのだろう。裏側に東大寺の印がおされており、東大寺で使われていたに違いない。模様の葉の一部に中国原産のボタンの種類があることから、中国・唐でつくられたと思われる。
大胆で現代的な模様は、今でも十分通じるデザインではないか。

正倉院は北倉、中倉、南倉がある、北倉には聖武天皇崩御後、妃であった光明皇后が亡くなられた夫が使っていた品々、日用品、衣類、樂器、書、薬などを寄進したものが収められている。国家珍宝帳に目録がのこされている。中倉、南倉には東大寺の御物が入っている。
唐三彩の磁塔
正倉院は校倉造りと呼ばれる木組みのログハウスなので、木が湿気を出し入れするため、正倉院の御物は今日まで綺麗な状態を保っていると信じられているが嘘らしい。湿度は正倉院内と外は殆ど同じだそうだ。それでは何故こんな綺麗な状態で布や紙などが保全されているのか。
秘密は、収納箱にある。御物はきちんとしまる木箱に収納され、さらに幾つかの木箱をまとめて入れる脚付き櫃箱に入れる。この床から浮いた構造の二重木箱が、湿気を寄せ付けない環境を保全している。
正倉院展の始まりは箱から御物を出して湿気の少ない時期に暴露干しに始まったと言われている。
正倉院校倉

No comments: