2018年5月26日土曜日

京都和久傳の森と日本の三文殊

安野光雅の世界

日本海側にはあまり行かないが、京都府久美浜町に京都の料亭「和久傳」が「森の中の家 安野光雅館」を造ったので、ドライブがてら見物に出かけた。車で遠出をしないので、高速道路に疎く、大阪府の大山崎インターから京都縦貫自動車道に入れば2時間で天橋立まで行くことや、山陽自動車道神戸三田から若狭自動車道でも同じく2時間位なのも知らなかった。ウィークデイだったせいか車も空いていて楽なドライブを楽しんだ。
京都府久美浜町
森の中の家 安野光雅館
和久傳は有名な京都の料亭だが、もとは丹後峰山町で旅館を営んでいた。丹後ちりめんの衰退により、京都に出て、料亭「高台寺和久傳」を始めた。手の混んだ料理が売りの京都風懐石料理に対して、日本海に揚がった魚や、山で採れた旬の食材を用い、季節の素材の味を活かした「野趣と文化」という味を生み出して、成功した。
その和久傳が故郷に、地域の植物をあつめて和久傳の森を作り、その中に当主が好きな安野光雅の絵を中心とした「森の中の家 安野光雅館」や、レストラン、お持たせの食品などを展示販売する施設を作った。美術館は安藤忠雄の設計でモダンだが、森に調和している。
安藤忠雄設計の美術館
落ち着いた環境でさすがにレストランで出されるランチは美味しい、そして値段もリーズナブル。京都紫野の和久傳で販売している蓮根餅や和菓子もここで出されるし、お持たせも可能だ。丹後の新名所として客を集めているようで、駐車場も広い。
今回の安野光雅の展示は、野草である。安野光雅が美智子妃殿下の本の挿絵を書いた縁で皇居に残る自然の野草をスケッチすることを許され、それらの絵が中心だ。素朴ながら細部まで書き込まれていてほのぼのとする画風が好ましい。

京都丹後と言えば、天橋立や伊根の舟屋が有名、天橋立の根元にある智恩寺の参道にある旅館に泊まった。その智恩寺の御本尊は文殊菩薩と聞き、お参りに行ったら、秘仏で正月三が日と十日えびすと7月24日の出船まつりのみの御開帳だと言う。
住職と話していたら、このお寺は日本3文殊霊場の一つだそうだ。
3文殊は次の通り
 京都府宮津市字文殊 通称 切戸の文殊 天橋山 智恩寺
 奈良県桜井市安倍  通称 大和安倍の文殊 安倍山 文殊院
 山形県東置賜郡高畠町亀岡 通称 羽前亀岡の文殊 松高山 大聖寺
山形県の文殊は知らない、どうやら3文殊は地方によって少しずつ違うらしい。
京都では
 金戒光明寺の黒谷文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
安倍の文殊菩薩
快慶作
中国地方では
 山口・周防大島町の岩屋文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
大分では
 大分・国東町の文殊仙寺の文殊と大和の安部文殊、天橋立の切戸文殊。
まだ他に関東地方の文殊を入れた組み合わせがあるようだが、天橋立切戸文殊と大和の安倍文殊は変わらないようだ。

大和の安倍文殊しか見たことがないが、他の文殊は、あの快慶作の名作にはかなわないのではないか。 

安野光雅
こぶし

0 件のコメント: