2018年10月13日土曜日

田中一村展より



滋賀県守山市の佐川美術館
水に浮かんでいるように見える。安藤忠雄の設計
滋賀県守山市の琵琶湖沿いに立つ「佐川美術館」は、自然と建築物が調和したモダンでクールな佇まいが印象的な文化施設だ。設計は安藤忠雄、ユニークで面白い建築物。ここで、田中一村展があり、初めて彼の作品を見た。一目見てたちまちその色彩と熱帯植物をモチーフとした画風に魅せられた。まるでアンリ・ルソーを見ているようだが、ルソーより遥かに緻密でうまい。

一村 南国の植物や鳥
一村 アダンの花
田中一村(1908-1977)は、栃木県生まれで、彫刻家の田中稲村の長男として生まれた。子供の時から神童と呼ばれ、幼い頃から南画(水墨画)に才能を発揮、今の東京芸大日本画学科に入学したが、大学では南画を教える教授がいないと言われ中退、独学で日本画の道を進む。一時、川端龍子の門下に入るが中央画壇では結局受け入れられなかった。50歳の時、奄美大島へ移住し、農業や紬工場の染色工をしながら画を続けた。南国の光と風俗、そして熱帯植物を描き独自の画風を確立したが、69歳で没した。
生前は中央で注目されなかったが、没後「南日本新聞」に連載された「アダンの画帖~田中一村伝」でその独特の画風が注目を集め、全国巡回展が開催され、一躍脚光を浴びた。南を目指したことから、「日本のゴーキャン」などと呼ばれることもある。

一村 写実と色彩が美しい


ルソー 黄色い花
中央で認められなくて理想の地を求めて南国へ移住したのは、ゴーギャンと同じだが、画風は全く異なるので、ゴーギャンに例えるのは違和感がある。むしろ冒頭に述べたように、アンリ・ルソーに近いと思う。
アンリ・ルソー(1844-1910)は、20数年間、パリ市の税関職員を務め、仕事の余暇に絵を描いていた「日曜画家」であったことから「ル・ドゥアニエ」(税関吏)の通称で知られる。ただし、ルソーの代表作の大部分はルソーが税関を退職した後の50歳代に描かれている。
ルソー 密林と女と
税関を50歳で退職し、年金生活をしながら画家として66歳で亡くなった。絵画を本格的に学んだことはなく、独学で描き続けた。彼の作品には熱帯のジャングルを舞台にしたものが多数ある。ルソーはこうした南国風景を、ナポレオン3世とともにメキシコ従軍した時の思い出をもとに描いたと称していたが、実際に彼は南国へ行ったことはなく、パリの植物園でスケッチしたさまざまな植物を組み合わせて、幻想的な風景を作っていた。また、写真や雑誌の挿絵を元にして構図を考えた作品のあることも判明している。
ルソーの絵に登場する人物は大概、真正面向きか真横向きで目鼻立ちは類型化している。また、風景には遠近感がほとんどなく、樹木や草花は葉の1枚1枚が几帳面に描かれている。一見稚拙に見える技法を用いながらも、彼の作品は完成度と芸術性の高いもので、いわゆる「日曜画家」の域を超えている。
田中一村がルソーの画を見たとは考えられない。しかし、植物を丁寧にしかも美しい色彩で描いているところが似ている。ルソーは所謂「へたうま」だが、一村は人物や動物をきちんと描いてとてもうまい。
ルソー 



0 件のコメント: