2019年5月15日水曜日

MIHO美術館 曜変天目茶碗

国宝曜変天目茶碗 大徳寺龍光院蔵
400年門外不出だった

国宝3点では一番地味だと言われているが
茶碗の中に星空がある

滋賀県信楽
MIHO美術館
先日、奈良国立博物館、藤田美術館展で国宝曜変天目茶碗を見たが、この期間、同時並行
で、MIHO美術館の国宝「大徳寺龍光院 曜変天目茶碗」が展示されているので行って来た。世界にたった3点しかない完品曜変天目茶碗、大阪藤田美術館の「曜変天目」、そして京都大徳寺龍光院の「曜変天目」、東京静嘉堂文庫「稲葉天目」、のうち2点を見ることが出来た。連休中はきっと人出が多いだろうと、連休明けを狙って訪問。ところが、入館後、この曜変天目茶碗展示だけ長蛇の列で1時間待ち。他の展示はガラガラである。
狙いが外れてがっかり。国宝曜変天目茶碗3点のうち、静嘉堂文庫所蔵分、大阪藤田美術館所蔵分は、折りに触れ公開されてきたが、この大徳寺龍光院所蔵分は、開創以来約四百年、一切の寺宝の公開を拒んできたもので、初めてMIHO MUSEUMで公開にふみ切ったという。観客が殺到するのはその所為だ。
大徳寺塔頭「龍光院」は、戦国武将の黒田長政が父・孝高(如水、官兵衛)の菩提を弔うため、慶長11年(1606)に建立。実質的開祖の江月宗玩(1574~1643)は堺の豪商・天王寺屋・津田宗及の次男で、宗及は織田信長と豊臣秀吉の茶頭を務めたことでも知られている。宗玩は優れた禅風と高い教養で知られ、当時の「龍光院」には、高松宮好仁親王、小堀遠州、松花堂昭乗らが集い、寛永文化の発信地となっていた。この曜変天目茶碗は宗玩の父であった津田宗及が所持していたとされるが詳細は不明である。三椀の曜変天目茶碗のうち、最も地味なものであるが、幽玄の趣を持つとされて評価が高い。
トンネルを抜けるとガラスの建物
これが入り口、残りの建物はすべて地中にある

MIHO美術館はあまり知られていないかもしれないが、琵琶湖の南、信楽の地にある。パリルーブル美術館のガラスのビラミッドやワシントンのナショナルギャラリーなどを設計したI.M.ペイがデザインした美しい美術館だ。建築物の80%は地中に埋設して、建物の上にも自然を復元している。山間の自然景観を大事にした美術館である。
中はこんな感じ
ガラスの天井から光が差て明るい

世界救世教から分立した宗教法人神慈秀明会のコレクションを展示するため、1997年(平成9年)11月に開館した。
コレクションはギリシャ、ローマ、エジプト、ガンダーラ、中国、中近東、日本に及び素晴らしい蒐集品が2000点以上展示されている。


実は、曜変天目茶碗は国宝3碗ばかりが話題になっているが、このMIHO美術館でも1点を所蔵。加賀藩前田家に伝えられたもので、1953年11月14日、重文指定を受けている。かつて大佛次郎(本名・野尻清彦)が所蔵していた。国宝3点とは異なり、曜変は内面の一部に限られ、この天目茶碗を「曜変」と呼ぶかどうかは議論がある。それでも美しい曜変がある。残念ながら他の国宝と異なり宇宙のブルーに輝く星空は見えないが、七色に変化する色調が美しい。

MIHO美術館所蔵の曜変天目茶碗
紫がかった色調がきれい

曜変天目茶碗はこれを入れて3碗見てきた、残りは東京、静嘉堂文庫蔵をぜひ見たいと思っている。6月2日まで展示されているので、訪れて曜変天目国宝3点と重文1点を制覇したい。

MHO美術館は今回で4度目の訪問、常設されている美術品も素晴らしいものばかりだが、それらの中で私が一番好きなのが、唐時代の官女俑である。

MIHO美術館蔵 唐 官女俑
とても繊細で動きがあり優美


0 件のコメント: